実体験!見た目を整えることは、自信を生みだす効果的な方法

from 北海道旭川の自宅オフィス

こんにちは!

コピーライターの林 孝治(はやし こうじ)です。

 

 

先日、東京へ行ったときのこと。

合宿が終わってから、とある方と約束をしてまして、

人生初の体験をしてきました。

 

 

どんなことかと言いますと…

 

 

『スタイリストさんとお買い物をする』

ということです!

 

 

 

実は今回、東京へ行く前から

湘南に住んでいるスタイリストさんに

イメチェンのご協力をお願いしていたんです。

 

一人で仕事を始めてから2年目に入り、

たくさんの方と知り合い、いろんなことをやらせていただいてきました。

 

で、この前ふと

「もっと周りの人から

 “居心地のよいパートナー”として想ってもらえるようになるには、どうしたらいいかな」

と考えていたんです。

 

 

もちろん見た目だけじゃなく中身を磨くことも大切ですが、

見た目があまりにも…だとクライアントさんに申し訳ないかなと思いまして。

 

 

だったら、中身も見た目も整えていこうと

イメチェンを計画しました。

 

 

 

その計画をしていく中で、スタイリストさんと話していたのが

「理想の自分」についてです。

 

周りの人から

・どんなふうに想われたいのか

・どんなイメージや印象をもってもらいたいのか

・理想の自分になって、どんな気分でいたいのか

など、理想の自分の状況を描いていきました。

 

 

そこで見つけたのが、

「穏やかさの中にしっかりとした自信をもっている頼れる存在」

「年齢に関係なく相手を包み込み、受け入れてくれる存在」

「ついつい話したくなる存在」

が“居心地のよいパートナー”であり、理想の自分像ということです。

 

このイメージを見た目から感じられるようにイメチェンしていこうとなりました。

 

 

そして、楽しみにしていた買い物当日。

 

人生初の横浜で、

人生初のスタイリストさんとお買い物です。

 

それだけじゃなく、

今まで入ったこともないお店に行ったり、

触ったこともない商品を提案していただいたりで、

(ちゃっかり1足10万円以上もする革靴を履かせてもらいました)

“人生初”づくしのとても楽しい時間でした。

 

 

で、今回購入したのがメガネと革靴。

 

それぞれすごく気に入ってるし、長く使うことができる品物で

「理想の自分」に一歩近づけたと感じています。

 

とっても素晴らしい体験ができました。

 

スタイリストの菊池 沙央理さん、

ありがとうございました^^

 

 

***

 

この体験を通して、改めて思ったことがあります。

 

 

見た目を整えることもする「ブランディング」は、

人であっても、企業であっても、やることは同じなんです。

 

 

周りの人から

・どんなふうに想われたいのか

・どんなイメージや印象をもってもらいたいのか

・理想の自分になって、どんな気分でいたいのか

など、理想の自分を描いていくことをしていきます。

 

 

今回改めて思ったのが、

どんなイメージにするのかを深く考えることが大切ということです。

 

そこができていないと「中身のないもの」になってしまいます。

 

スタイリストの菊池 沙央理さんは

「パーソナル ブランディング スタイリスト」としてお仕事をされていて、

買い物同行の前に、しっかりとお話を聞いてくださいました。

 

それを踏まえて、

クライアントさんがどんなことを思い描いているのかを十分に理解して

いろんなことを提案してくれます。

 

もしかしたら、自分のことを“自分以上”に考えてくれて、

知ってくれたんじゃないかなと思います。

 

そして、一緒になって

クライアントさんの「理想の自分」を叶えようとしてくれる。

 

買い物している途中から、

「こんな素晴らしい人と何かができるってとても誇らしいな」

と思いました。

 

 

また、「誇らしく想えること」は、

自信を持つことにも繋がってきます。

 

 

「最幸のチームに所属していることに誇りを感じる」

「こんな仕事をしている自分が誇りに想える」

「周りの人から必要とされている自分は、実は素晴らしいんだ」

そう思えると、自然と自信が溢れてきますよね。

 

自分がいる状況を俯瞰(ふかん)して見てみると、

自分が想像している以上に、「実は素晴らしい」ことに気づくことがあります。

 

それを普段から気づかないのは、自分の目線でいろんなことを見ているからです。

 

「自分のことを一番わかっているのは自分かもしれませんが、

 自分のことを一番気づいていないのも自分」

なんです。

 

 

だからあえて、時には

自分を客観的に見るような俯瞰する時間が必要なんですね。

 

 

 

でも、自分のことを俯瞰するのって難しいですよね。

 

そこでオススメなのが、

誰かに自分のことを聞いてもらうことです。

 

いろんな質問をしてもらったり、

思ってることをどんどん話してみるといいですよ。

 

普段だと気づかないことに気づけたり、

話を聞いてくれた人から褒められたりします。

 

 

 

今年ももうすぐ終わりますね。

それまでに、自分のことを俯瞰して、理想の自分を見つけてみてください。

 

そしたら、来年がもっといい一年になりますよ^^

 

 

 

PS.パーソナル ブランディング スタイリストの菊池 沙央理さんについては、

コチラをご覧ください。

あなたらしさ』をデザインする Personal Branding Stylist/菊池 沙央理

(サイトへ移動します)

 

 

 

 

 

 


story-like-oneself
〜あなたらしい物語で、あなたを形にします〜
コピーライター/林 孝治

【 公式HP 】
https://story-like-oneself.com/

【 facebook 】
https://goo.gl/3Rr88u

【 メールでのお問い合わせ 】
info@story-like-oneself.com

2017-12-11|
関連記事