注意しても直らない行動が、伝え方を工夫しただけで変わる?!

from 北海道旭川の自宅オフィス

こんにちは!

コピーライターの林 孝治(はやし こうじ)です。

 

 

『チェーンメール』

をご存知ですか?

 

 

平たく言えば、

転送を呼びかけ、次々と鎖のように連鎖していくメールのことです。

 

 

SNSを見ていたら、

『チェーンメールにご注意を!』

という投稿があり、すごく懐かしくなりました。

 

 

 

 

というのも、

僕が高校生のときもチェーンメールが流行った(?)からなんです。

 

 

当時のものは、

「1週間以内にこのメールを5人に転送しないと、あなたを呪います」

なんて書いてあり、最後に怖~い写真が添付されていました。

 

 

しかも、その写真がヤバいんですよ!

 

 

「リング」という映画を見たことがありますか?

 

 

ざっくりお話すると、

 

“呪いのビデオ”を見た1週間後に、貞子という女性に殺されるというもので、

生き残るには、そのビデオを誰かに見せないといけない

 

というものなんです。

 

 

 

で、その映画で有名なシーンがあるんですが、まぁ怖いんですよ(笑)

 

 

 

突然、テレビに井戸が映し出されたと思ったら貞子が井戸から出てきて、

こちらに少しずつ近づいてきて、

 

 

 

………………

 

 

 

………………

 

 

 

 

気づいたら、テレビから出てきて

 

 

キャーーーーー!!!

 

 

 

みたいな(笑)

 

 

 

 

 

で、そのシーンの写真がメールに添付されてるんです。

 

 

 

しかも、映画と同じように

「誰かにメールを送らないと呪われる」

と書かれているもんだから、つい信じ込んじゃってるわけですよ。

 

 

だから、当時の僕は、

「うわ、貞子が出てきて殺される!!!」

と、なんとか生き残るために必死にメールを転送していました。

 

 

 

 

冷静に考えれば、

呪われることはないとわかるんですけどね(笑)

 

 

 

そんなことを思い出していたら、ふと気づいたことがあるんです。

 

 

 

メールの指示に従っていたな、と。

 

 

 

***

 

 

一般的に言われていることですが、

僕たちの日常は、意識と無意識によってコントロールされています。

 

 

その割合は、

意 識:1~3%

無意識:99~97%

とされていて、ほとんどが無意識で生活しているんです。

 

 

わかりやすくいうと、

歩くときに膝の角度や力の入れ方などを意識していないですよね?

 

 

当たり前のようにやってることが、無意識でやっていることになります。

 

 

 

ただ、たった1~3%しかない意識をどこに向けるのかによって、

人の行動を変えることもできるんです。

 

 

先ほどのチェーンメールを受け取った僕は、

「メールを転送しないと呪われる」

と恐怖へ意識を奪われ、生き残るためにメールを転送しました。

 

 

それは、メールを転送しないことで、

どんな未来が待っているかが容易に想像できたから、

指示された行動をとったんです。

 

 

このように、たった1~3%しかない意識でも、

どこに向けるかによって大きな影響を与るんです。

 

 

ただ、チェーンメールのような使い方は良くないですが、

良い使い方をしたら、とても良い効果をもたらしてくれます。

 

 

 

例えば、

小さな子どもに横断歩道の渡り方を説明するとしたら、

あなたはどうやって話しますか?

 

 

 

説明の仕方は人それぞれだと思いますが、

共通して伝えたいことは、「車に引かれないように渡ること」ですよね。

 

 

なので、

・左右を十分に確認してから渡ること

・歩行者信号が青に変わってから渡ること

を話すと思います。

 

 

ただ、そのまま伝えても、子どもはなかなか理解してくれませんよね。

 

 

仮に、言ったことをわかったとしても、その行動を必ず取るかはわかりません。

 

 

 

 

 

じゃあ、どのように話したら、その行動をとってくれるでしょうか?

 

 

 

 

 

実は、そんなに難しいことではないんです。

 

ぜひ小さなお子さんがいらっしゃる方は、使ってみてください。

 

 

 

 

いいですか?

 

 

 

 

では、お話ししますね^^

 

 

 

どうするかというと、

『道路を渡る前に左右を確認しなかったネコがどうなったか』

を話してあげることです。

 

 

別に、ネコじゃなくても、

犬でも、ニワトリでも、身近に感じられる動物なら何でもいいです。

 

 

 

話の内容も創作で大丈夫なんですが、

意識しないといけないことが、

 

『登場した動物が、道路を渡る前に左右を確認しなかったことで、

 どんな怖いことが起きたのかをイメージさせること』

 

 

『その怖い体験をしないようにするための答え』

を提示することです。

 

 

一言で言えば、

【左右を確認しなかったことで、どんな未来が待っているのか】

に意識を向けさせることが重要なんですね。

 

 

 

ぜひ小さなお子さんがいる方は、この方法を使ってみてください。

 

 

子どもがしっかりお話を聞いてくれたら、効果が出てくるかもしれませんよ^^

 

 

 

 


story-like-oneself
〜あなたらしい物語で、あなたを形にします〜
コピーライター/林 孝治

【 公式HP 】
https://story-like-oneself.com/

【 facebook 】
https://goo.gl/3Rr88u

【 メールでのお問い合わせ 】
info@story-like-oneself.com

2018-05-09|
関連記事