自分らしい自信の持ち方。みつけるきっかけとは?

from 北海道旭川の自宅オフィス

こんにちは!

コピーライターの林 孝治(はやし こうじ)です。

 

「自分にとっての自信とは?」
と自問していたら、ふと音楽のことが思い浮かびました。

 

音楽をはじめたのは、小学生のときです。

 

僕が通っていた小学校では、4年生になるとクラブ活動がはじまり、
かならず全員がどこかのクラブに所属する決まりになっていました。

当時の僕は、なにも取り柄がなかったので友人が入部希望を出した「吹奏楽クラブ」と書いたんです。

 

きっかけは、ただそれだけ。

 

吹奏楽というコトバを聞いたこともないし、まわりに音楽をやっていた人もいない。

歌うのは好きでしたけど、なんとなく歌うのが好きというだけであって、
とくべつな想い入れはありませんでした。

 

それから20年以上時間が経ち、今では

 

「趣味は?」と聞かれれば、
「楽器を吹くことです」と答え、

 

「得意なことは?」と聞かれれば、
「楽器を吹くことです」と答え、

 

「自由な時間があれば、なにがしたいですか?」と聞かれても、
「楽器を吹きたいです」と答えてしまうくらいに音楽が好きになっていました。

 

それが、あるときです。

 

「もし、音楽ができなくなってしまったら、他にどんなことをやると思いますか?」
と聞かれたんです。

 

そのとき、ハッとしました。

 

人前で演奏したり、
演奏依頼をもらったり、
聞いてくれるだれかに感動してもらえたり、

 

そういう経験を積むことでいつの間にか
音楽が僕の大きな支えになっていたんだ、

と気づきました。

 

 

「好きこそものの上手なれ」

というコトバがあります。

 

わけも分からずはじめて、
いつしか好きになって、
好きだから続けて、
音楽をやっている時間が増えていく。

 

その積み重ねた時間が人から認めてもらえるようなものとなり、
自分にとっての大きな支えとなる。

 

それが結果として自信へとつながったんだと思います。

 

 

「あなたにとって、自信とはなんですか?」
と聞かれれば、今なら

「好きで続けてきたことです」
と答えられるように思います。

 

 

今日もブログを読んでくださり、ありがとうございます。

EMBLEMのマスターと話してみつけた
今の僕にとっての自信は、こういうことなんだと思います。

 

<お店情報>

BAR EMBLEM (バー・エンブレム)


〒063-0811 札幌市西区琴似1条3丁目3-7 TM-23ビル 3F
TEL.011-676-4369
OPEN 20:00/CLOSE 27:00 定休日:日曜日

>>> BAR EMBLEMのホームページへ <<

 

 

 


story-like-oneself
〜あなたらしい物語で、あなたを形にします〜
コピーライター/林 孝治

【 公式HP 】
https://story-like-oneself.com/

【 facebook 】
https://goo.gl/3Rr88u

【 メールでのお問い合わせ 】
info@story-like-oneself.com

2018-11-21|
関連記事