情から見つけたヒント。いい関係は「手間ひま」から生まれる?

from 北海道旭川の自宅オフィス

こんにちは!

コピーライターの林 孝治(はやし こうじ)です。

 

 

12月18日 夕方5時。

今日も一日、お疲れさまでした。

 

一週間の始まりである今日は、どんな一日でしたか?

業種によっては火曜日や水曜日がお休みで、

月曜日はまだ週半ばという人もいるかもしれません。

 

それでも、暦上では週の始まりなので、

なんとなく一週間の始まりと感じられていると思います。

 

そんな週の始まりだからこそ、

今週をどんなふうに過ごしていこうか考えてみるのも良いかもしれませんね。

 

“一週間を考えるためのヒント”になるようなことを残してみますので、

それをもとに考えてみてください。

 

 

***

 

ここ数日、とある言葉を思い出してずっと引っかかっていました。

 

 

その言葉とは、「情(じょう)」です。

人情や感情、情報というように使われている言葉。

 

この言葉を最初に意識し出したのは、去年の夏のことです。

 

知人から「すごい人がいるからおいでよ」とお話会に誘われ、参加しました。

 

そこでメインでお話している方から

「あなたは非効率と思うかもしれないし、煩わしいと思うかもしれない。

 でもあえて、情にまみれたり、情に流されてみてください。」

と言われたんです。

 

 

ちなみに、辞書に書かれている意味の中で最も近いものは

「他人を気の毒だと思う気持ち、思いやり、なさけ」

という意味だと思います。

 

 

最初いわれたとき

「え、僕には情がないってこと…?」

とちょっぴりショックを受けましたけど(笑)

 

 

その答えがようやく、見えてきました。

 

 

 

あなたにとって、「情」とは一体なんだと思いますか?

 

 

 

僕の中で答えを見つけるヒントとなったことが、

「情 = 効率的ではないこと」

です。

 

 

たとえば、今の社会の風潮として

「手間がかかることは機械化したらいい」

というのがありますよね。

 

たしかに、機械に任せることによって時間は短縮できます。

それに、人件費も抑えられるし、失敗もない。

品質にムラも起きにくいし、ある一定レベルでいいものができます。

 

ということは、

どれを買っても同じで、大して差がないってことですよね。

 

 

 

でもそこに、

「こういうところに手間ひまをかけて作りました」

となればどうでしょう。

 

 

たとえば、机をイメージしてみてください。

 

今はインターネットでいろんな机が売られています。

簡単に組み立てることができて、価格も安く、使うのに申し分ないと思います。

 

僕も以前は、そういう机を使っていました。

それが今年、すべて木で作られた歴史を感じる立派な机をいただいたんです。

 

このブログもその机の上で書いていますが、

仕事に対する姿勢とか、想いが変わりました。

 

よく見てみると、

いろんなところに手間ひまをかけた“証”みたいなものがあります。

 

手触りや使い心地も違えば、気分も違う。

 

「すごく考えられて作られたんだろうな」とか、

「熟練の職人さんの歴史がカタチになったものなんだろうな」とか、

なんかこう…熱い想いがこみ上げてくるといいますか。

 

直接、言葉で言われなくても、

そういうものが伝わってくるんだなって感じました。

 

 

そういう目には見えないものを感じさせてくれるものに

「本当の価値」があるのではないでしょうか。

 

それを気づいた人は、「本当の価値」をもっているものを求めているし、

いつまでも大切に、愛着をもって使い続けます。

 

この「愛着」というのが、「情」と言えるのではと気づきました。

 

 

そして、この感覚的なものって

日々の暮らしの中にたくさんあります。

 

 

その一つに、人とのコミュニケーションです。

 

職場の人でも、友人でも、家族でも一緒で、

「どんなものが好きなんだろう」のように、

相手に関心や興味をもって接することが「手間ひま」をかけていることであり、

とても良い人間関係をつくると思います。

 

 

ビジネスだけの関係でいいなら

「相手のことを考える」というのは非効率ですよね。

 

「どんなことを話したら喜んでくれるかな」

「甘いものが好きって言ってたけど、あそこのケーキをあげたらどうかな」

と考えていることは相手に伝わるし、相手もあなたのことを考えてくれます。

 

その繰り返しが、良い人間関係をつくり、情が生まれるのかなと思います。

 

 

 

あなたは、どんな「手間ひま」をかけていますか?

そして、あなたにとって「情」とはなんですか?

 

そこで見えてきた答えをもとに、一週間をすごしてみてください^^

もしかしたら、あなたが気づいていないところで

誰かが「手間ひま」をかけたことをしてくれているかもしれませんよ。

 

 

 

 


story-like-oneself
〜あなたらしい物語で、あなたを形にします〜
コピーライター/林 孝治

【 公式HP 】
https://story-like-oneself.com/

【 facebook 】
https://goo.gl/3Rr88u

【 メールでのお問い合わせ 】
info@story-like-oneself.com

2017-12-18|
関連記事