秋の訪れを告げるもの。

雲の隙間から覗かせる青空。

暑く感じた陽ざしも、

今では暖かいと思うほどの季節になった。

 

窓から見えた黄金の海も、

忙しく働くトラクターの音とともに姿を消していく。

 

だんだんと味気ない世界へと移り変わっていく。

 

そんな世界にいると、どうしても小さくてもいいから温かみを欲してしまう。

温かく、柔らかく、心寂しくなることを紛らわしてくれる何かを。

 

去年から仲良くしているランプは、

今年も僕の中に小さな明かりを灯してくれます。

2016-11-01|
関連記事